システム構成図

マイクロ精密位置決めテーブルTMには専用のドライバが用意されており、システム構成を以下に示します。ドライバの仕様については、製品カタログをご参照ください。ご注文の際は、呼び番号にて別途ご指定ください。

TM15 ACサーボモータ(Y061,Y062)システム構成

*画像クリックで拡大表示できます

No. 名称 呼び番号
テーブル本体(モータ記号) Y061
ACサーボモータ
(標準タイプ)
Y062
ACサーボモータ
(高トルクタイプ)
ドライバ(2) SGDV-1R7EP1A
モータコード(3m)(2)(3) JZSP-CF1M20-03-E
エンコーダコード(3m)
(2)(3)
JZSP-CMP10-03-E
センサ中継コード(3m)
(3)(4)(5)
TAE10W0-LC03
I/Oコネクタ TAE20W1-CN(6)
ディジタルオペレータ
(2)(7)
JUSP-OP05A-1-E
ディジタルオペレータ中継
ケーブル(2)(7)
JZSP-CF1S00-A3-E
PC接続ケーブル(2)(7) JZSP-CVS06-02-E
電源用ケーブル(2)(4)(8) JZSP-CF1G00-□□-E
電源(9 お客様でご用意ください。
上位装置
I/Oコネクタ接続ケーブル
注(1) センサなしを指定した場合、センサアンプは付属しません。
 (2) ㈱安川電機製です。
 (3) 特殊なコード長さについては、IKOにお問い合わせください。
 (4) コードの上位装置側は、ばら出しとなります。
 (5) 原点信号が不要な場合は、原点センサ信号(ORG)は使用しないでください。
 (6) I/OコネクタTAE20W1̶CNは、スリーエムジャパン㈱製10126̶3000PE(コネクタ)と10326̶52F0-008(カバー)の組合せです。
 (7) パラメータ設定の際には、ディジタルオペレータまたは汎用パソコンが必要となります。
 (8) 呼び番号の□□にて1~3mまで1m単位で長さを指定します。(3mの場合の例:JZSP̶CF1G00-03-E)
 (9) 主回路電源はDC24V電源だけでなくDC48Vにも対応できます。制御回路電源はDC24Vです。 各種電源は別途お客様でご用意ください。
備考
  1. モータコード、エンコーダコード、センサ中継コードは耐屈曲性に優れたコードです。
  2. ACサーボモータ用ドライバはパラメータの初期設定が必要です。
    汎用パソコンにてパラメータ設定を行う場合は、㈱安川電機WEBサイトより設定用ソフトウェアをダウンロードしてください。
    (URL:http://www.e-mechatronics.com/download/tool/servo/sgmwinpls/download.html)

TM15 ステッピングモータ(V001)システム構成

*画像クリックで拡大表示できます

No. 名称 呼び番号
テーブル本体(モータ記号) ステッピングモータ(5相)
ドライバ(2) CVD503-K
モータコード TAE20R6-SM0□ (固定ケーブル仕様)
TAE20R7-SN0□(耐屈曲ケーブル仕様)
センサ中継コード(4)(5) TAE10W0-LC03
上位装置 お客様でご用意ください。
I/Oコネクタ接続コード お客様でご用意ください。(6)(7)
電源コード お客様でご用意ください。(6)(7)
注(1) センサなしを指定した場合、センサアンプは付属しません。
 (2) オリエンタルモーター㈱製です。
 (3) DC24V電源は別途お客様でご用意ください。
 (4) 特殊なコード長さについては、IKOにお問い合わせください。
 (5) コードの上位装置側は、ばら出しとなります。
 (6) ドライバにコネクタが付属されています。製品カタログをご参照ください。
 (7) コードを直接接続してください。
備考 モータコードの長さは、呼び番号末尾の□にて最大5mまで1m単位で指定します。
(5mの場合の例:TAE20R6-SM05)

掲載されている製品以外にも、お客様のご要望に合わせた特別仕様品の開発もいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。