高精密位置決めテーブルTX

IKO高精密位置決めテーブルTXは、高精度・高剛性で高い実績のあるIKO精密位置決めテーブルLHをベースに、円筒ころ(ローラ)を転動体に使用し直動案内機器では最高レベルの走行性能を持つIKOリニアローラウェイスーパーXを組み込み、フルクローズドループ制御により極めて高い精度を実現した位置決めテーブルです。 今まで転がり案内を使用できなかった、高い精度が要求される位置決め用途に最適です。

ダウンロード

製品特長

製品特長

高精密位置決めテーブルTXは、高精度・高剛性なステージの分野で実績のある精密位置決めテーブルLHをベースに、究極の転がり案内CルーブリニアローラウェイスーパーXを組み込み、各部精度を徹底的に追求することにより、エアステージの領域に迫る位置決め精度を実現しています。

1.長期メンテナンスフリー

直動案内機器とボールねじに潤滑部品Cルーブを内蔵し、長期メンテナンスフリーを実現しています。
給油工数の削減とともに機械装置の信頼性が向上します。

潤滑部品Cルーブの内蔵により長期メンテナンスフリーを実現

転動体の循環で潤滑油を運搬 説明画像

直動案内機器の潤滑油は、トラックレールではなく、直接転動体に供給されます。
スライドユニットの転動体循環路に内蔵されたキャピラリー潤滑体に転動体が接触したとき、転動体表面に潤滑油が供給され、転動体の循環により負荷域に運ばれます。
その結果、負荷域では常に最適な油量が確保され、長期間潤滑性能を維持します。

転動体表面に直接潤滑油を供給 説明画像

キャピラリー潤滑体の表面は、常に潤滑油で覆われています。
キャピラリー潤滑体の表面に転動体が接触すると、表面張力により潤滑油が途切れることなく転動体表面に供給されます。
転動体が接触するキャピラリー潤滑体の表面には、他の部分から常に新しい潤滑油が供給されます。

2.究極の位置決め性能!

超高精度リニアエンコーダの搭載により高い位置決め精度と分解能

分解能0.016μmの超高精度リニアエンコーダから位置情報をダイレクトにフィードバックすることによりフルクローズドループ制御を構成し、ストローク全域において高い位置決め精度を保証しています。

高い位置決め精度と分解能 説明画像

CルーブリニアローラウェイスーパーXの採用により究極の走行性能

高精度に加工・組付けされた構成部品と、最高レベルの走行性能を発揮するIKO CルーブリニアローラウェイスーパーXの組合せにより、転がり案内タイプで究極の走行精度を実現しました。

究極の走行性能 説明画像

3.用途に合わせて選べる制御方式

モータはACサーボモータとステッピングモータを用意しており、リニアエンコーダの有無が指定できるので、用途に応じた制御方式が選択可能です。

掲載されている製品以外にも、お客様のご要望に合わせた特別仕様品の開発もいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。